給湯器に関わる増設工事について理解しておこう

家庭でも事業所でも給湯器を使ってお湯を使えるようにするのは一般的な方法です。参考元>ガス給湯器交換工事

しかし、使っているともっと使いやすくしたいという気持ちが生まれることは多く、増設工事をしようと検討することも少なくはありません。給湯器に関わる増設工事にはどのようなものがあるのでしょうか。増設を行う際の注意点も含めて解説していきます。

給湯器そのものの増設工事が可能

お湯を使いたい場所が多くなればなるほど給湯器の性能が問題になってしまいます。同時にたくさんのお湯を使いたいときに、お湯を供給できなくなってしまう可能性があるのです。給湯器によって単位時間あたりにどれだけ高い温度のお湯を作れるかは異なっているため、性能的に十分でなければお湯を供給できなくなります。

例えば、キッチンでお湯を使いながら、風呂場にお湯を貯めていこうとするとぬるいお湯しかでないということもあるでしょう。どのくらいお湯を使うかに応じて適切な性能の給湯器を設置しないと、お湯が出なくて困ることになりがちなのです。

もしそのようなトラブルに見舞われたら解決策として二通りの選択肢があります。一つは給湯器を交換してもっと性能の良いものにする方法です。もう一つが給湯器をもう一つ増やしてしまう方法です。給湯器の増設は一般的には可能で、大掛かりな工事が必要になるものの、お湯が出ないというトラブルを解決するには合理的な方法として知られています。

給湯器の購入費用と工事費用がかかるのは確かですが、長期的に見れば満足できる状態を作り出すことができるでしょう。給湯器を扱っている業者に相談すれば簡単に工事をしてもらえるので、解決策の優良候補として考えてみるのが賢明です。

増設せずに済む可能性も検討しよう

給湯器の増設は魅力的な解決策ですが、コスト面で考えるとかなりの負担を強いられてしまいます。資金を準備できないというケースもあるので、他の可能性についても考慮してから決めるのが大切です。給湯器を交換するのは選択肢の一つで、高性能な給湯器に交換することで十分にまかなえるのであれば低コストで済む可能性が十分にあります。

給湯器の性能も年々向上してきているので、特に古いものを使い続けているときには交換も検討してみましょう。新しくすることで耐用年数も延びるため、増設するよりもメリットが大きい可能性もあります。

中古品の活用も検討してみよう

やはり増設が必要だというときにコストが問題でなかなか工事を依頼できないということもあるでしょう。増設するときに新品の給湯器を買おうと考えてしまいがちですが、中古品を利用することもできます。リサイクルショップなどで中古品が販売されていて、新品に比べると半額以下しかコストがかからないのが一般的です。

あまりにも古いものを選んでしまうと耐用年数が問題になりかねないという点には注意しましょう。短期的に増設が必要だという場合には中古品の比較的古くて安いものを選んでしまっても問題はありません。しかし、長く使いたいと考えたらできるだけ使用年数が少ない中古品を探して設置するのが賢明です。

給湯器の設置業者の中には適切な給湯器を探してくれるところもあります。良いものが自分では見つけられないというときには相談してみるのも良い方法です。

給湯器のリモコンの増設工事も可能

給湯器に関わる増設工事としてリモコンを増やすというものもあります。お湯を使う場所がたくさんあるときには、その近くにリモコンがあるに越したことはありません。初期にはキッチンとお風呂という二か所にしかリモコンがない場合が多く、それ以外のところでも使いたいという場合にはリモコンの増設をしたくなるでしょう。

典型例として挙げられるのが洗面所が風呂やキッチンと別のところにある場合です。また、キッチンをもう一つ作りたいと考えたときに、新しいキッチンにもリモコンを増設したいと思うようになるでしょう。リモコンの増設工事は設置場所さえ明確になっていれば速やかに行ってもらえます。

費用的にもそんなに高くはないので、快適に生活できるようにするために前向きに検討してみましょう。

費用対効果を上げるためにはどうするか

給湯器そのものの増設でも、リモコンの増設でも、費用対効果をできるだけ上げたいと考えるのはもっともなことです。そのために重要なのがどの業者に依頼して工事をしてもらうかをよく考えることで、特に見積もりを取って比較してみるのが重要と言えます。

見積もりはどれだけの費用がかかるかだけでなく、工事の流れについても記述されています。工事期間が短いほどストレスが少ないのも確かなので、金額も工期もきちんと見てみることが大切です。費用対効果を上げるためには相見積もりをするのも肝心です。

増設工事の工事費用についてはおよその相場がありますが、個々に問い合わせてみると違いがあるでしょう。また、工事の際に足場を作る必要があるときには業者によって足場費用の基本が異なるので大幅な違いが生じることもあります。

また、給湯器やリモコンの手配を業者に任せる場合には、その費用についても大きな差があるということは念頭に置いておきましょう。たくさんの業者から見積もりを取るのは大変になりがちですが、少なくとも三社くらいは比較してみた方がコストパフォーマンスが上がります。

(給湯器が匂いを発しているときの原因と対処法)

将来的な対応も考えておくのが大切

給湯器を増設するときには将来的な対応も考慮しておくのが大切です。基本的には性能が高いほど給湯器の価格は上がります。安くて最小限の性能があれば良いというスタンスで増設をしてしまうこともありますが、将来的にもっとお湯を使う可能性があるのなら十分な性能の給湯器を選ぶに越したことはありません。

もしまたお湯の供給力が不足してしまったら、交換か増設の工事を新たに行わなければならないからです。そのコストを考慮すると、少しでも性能が高い給湯器を使った方が無難です。

増設可能かは事前に確認しておこう

給湯器を増設するときには設置スペースが必要で、さらに配管を通せる仕様の建物になっていなければなりません。綿密に打ち合わせをして増設しようと思ったら、実は設置できる場所がないということもあります。給湯器の増設が可能かどうかは詳しく業者と相談する前に確認しておくのが肝心です。

特に拡張性を考慮せずに建てられてしまっている場合には増設が困難になりがちなので、確認を忘れないようにしましょう。